マネしたい!リングピローの作り方

自由自在に雰囲気を変えられる!

挙式のときに結婚指輪をおいておく「リングピロー」。実は、100円ショップの材料で、以外と簡単に手作りができてしまうのです。イメージする式の雰囲気に合わせて、材料を選んでみましょう。
どんな挙式スタイルにも合わせられるのが、100円ショップの「かご」を使用したリングピロー。100円ショップには、たくさんの種類のかごが販売されています。木の素材のかごを使用すれば、ナチュラルな挙式に。ピンクやホワイトのかごを使用すれば、華やかなかわいい雰囲気の挙式にも合わせることができるのです。
好きな種類のかごを選んだら、同じく100円ショップで販売されている造花をかごに敷き詰めるだけ。造花の種類によっても、雰囲気がガラッと変わります。あとは、結婚指輪を乗せたら完成です。

100円ショップの古本風木箱が使える!

アンティークな雰囲気の挙式を考えているカップルにおすすめ!同じく100円ショップには、古本をイメージした木箱が販売されています。その木箱を利用して、リングピローにしてみましょう。
アンティークなブラウンの木箱に映えるのは、観葉植物用として販売されている造花。グリーンを多めに敷き詰めたリングピローは、ナチュラルな雰囲気はもちろん、アンティークな雰囲気の挙式にもぴったり!アクセントとして、赤い実の造花を少し飾ってもいいですね。LEDライトのミニキャンドルも販売されているので、それを木箱に詰めてもとても雰囲気がありますよ。アイデア次第で世界にひとつだけのリングピローが完成します。もちろんそのまま、新居に飾ってもいいですね。

福岡の結婚式場は、式を挙げるカップルが多い事でレベルが高いので、下見を行う際は複数の式場を訪れておくと質の高い接客の下で思い出に残る式が出来るでしょう。