購入それともレンタル?ウェディングドレスのメリットとデメリット

ウェディングドレスを購入するときの注意点

ウェディングドレスの品質の良さや生地の種類などにこだわりたい時には、結婚式場でレンタルをするよりもオーダー品を購入することで、当日にお目当ての衣装を着こなせるというメリットがあります。特に、自身の体型にぴったりと合うサイズのウェディングドレスを選ぶにあたっては、結婚式場だけでは対応できないこともあるため、早期にドレスを専門に扱っている業者に相談をすることがおすすめです。
一方、ウェディングドレスのオーダーをする場合には、レンタルと比べて数倍以上のコストが掛かるだけでなく、担当者と何度も打ち合わせをしなければならないというデメリットもあります。そこで、担当のプランナーと相談をしつつ、予算や納期などを考慮しながらウェディングドレスを選ぶことが重要です。

ウェディングドレスのレンタルをするには

ウェディングドレスのレンタルができる結婚式場は全国に多くあり、ドレスを購入するよりも挙式費用を安く抑えられるだけでなく、担当者による着付けをスムーズに行えるというメリットがあります。一方、サイズやデザインなどの希望が通りにくいことや、ドレスの種類によっては外部の業者から取り寄せなければならないこともあり、余裕を持って打ち合わせをすることが大事です。
また、ウェディングドレスのレンタルの費用は、式場によって大きなバラつきがあるため、契約を結ぶ前にブライダルフェアや見学会などに参加をして、おおよその費用の相場を確認しておくと良いでしょう。その他、衣装のレンタルをするだけでなく、アクセサリー類にもこだわりがあれば、事前に担当者に伝えておくことが大切です。